めり〜通信


全国的に新型コロナウイルス感染症の報告が後を絶えませんが、いつも流行期に入っているインフルエンザの罹患報告は殆どありません。水ぼうそう、感染性胃腸炎、手足口病、咽頭結膜熱などの報告は少数入っています。でも油断は禁物!!できる対策はしっかりとっておきましょう。

インフルエンザの予防接種はお済ですか?「予防接種しても罹ったから、もう受けない。」「予防接種をした方が具合が悪くなるから受けなかった。」という方もいると思います。今回はインフルエンザの詳細についてお知らせします。

*** インフルエンザの色々 ***

➤ インフルエンザってどんな症状?風とは違うの?

netu以下の3つが揃うことがインフルエンザの特徴と言えます。

  1. 周囲でインフルエンザが流行している。
  2. 急激な発症(前触れなく突然発症する)。
  3. 38℃以上の高熱、悪寒(予防接種を受けていたり、インフルエンザの型によっては必ずしも38.0℃以上出る訳ではありません)。

またほかにも以下のような症状があれば、インフルエンザを疑い受診しましょう。

・頭痛・関節痛・筋肉痛・食欲不振・全身倦怠感、疲労感 など

以下の風邪症状も同時か遅れて現れることがあります。

・のどの痛み・咳・鼻水・くしゃみ など

★周囲でインフルエンザにかかっている人がいる場合は、受診の際に「保育園で流行っています」「家族にインフルエンザに罹った人がいます」など一言添えましょう。

➤ インフルエンザA型、B型、C型とは…

virus≪インフルエンザA型≫
ウイルスが変化しやすく、感染力が強いので、世界的に流行することがあります。インフルエンザA型の症状は、38℃以上の高熱、悪寒、関節痛、筋肉痛などが特徴です。

≪インフルエンザB型≫
A型のような突然変異を起こさないため、世界的な大流行を起こすことはありません。

≪インフルエンザC型≫
感染した場合も、風邪程度の症状のことが多いです。多くの人が免疫を持っています。

国内で使用されている主な抗インフルエンザウイルス薬

リレンザ タミフル ラピアクタ イナビル ゾフルーザ
一般名 ザナミビル オセルタナビル ペラミビル ラニナミビル バロキサビル
作用機序 ノイラミニダーゼ
阻害
Cap
エンドヌクレアーゼ
阻害
投与経路 吸入 経口 点滴 吸入 経口
用法
用量
1日2回
5日間
1日2回
5日間
1回 1回 1回

4433total visits,4visits today