めり〜通信


1月はインフルエンザや感染性胃腸炎などの流行性疾患、今年度大流行の手足口病なども警報から注意報などに少し落ち着きをみせてきました。今まで季節で流行すると言われていた疾患も多くあったのですが、どの疾患も1年を通して報告が聞かれるようになっています。今年は暖冬ですが、急に冷え込む事もあるかもしれません。まだまだ油断せず体調管理をしっかりしてお過ごしくださいね。

おたふくかぜは左右、あるいは片方の耳の下が腫れ、痛みのが特徴です。園では痛みを訴える子供がいたら受診をお願いしています。

  • 左右、または片方だけの耳下腺の腫れ、痛み
  • 発熱(しない場合もある)
  • 髄膜炎、難聴の合併症を起こす可能性もある

家庭では

  • 痛みが強い時は、うどんやプリンなどあまりかまずに飲み込めるものをあげましょう
  • 熱や痛みがなければ、お風呂に入っても大丈夫です

ugai

** 北斗市内近郊の感染症動向 **

1月27日現在の市内近郊の感染症動向です。

  • RSウイルス感染症  5件
  • 咽頭結膜熱     10件
  • 溶連菌性咽頭炎   51件
  • 感染性胃腸炎    76件
  • インフルエンザ  119件

インフルエンザはB型の報告が32例で前週に比べかなり増えています。ご留意ください。

1月のめり~利用状況
(1月31日現在)

  • インフルエンザA   6件
  • 感冒性嘔吐症、胃腸炎 5件 
  • 溶連菌感染症     3件
  • 発 熱        2件

連日利用のお子さんも多くみられました(*^-^*)

2353total visits,2visits today