めり〜通信


朝晩と日中の寒暖の差で体調を崩したり、アレルギー症状が長く続くなど増えてきています。本格的な冬が来て、冬に多い感染症が流行する前に、生活リズムや服装、食事、睡眠を整えて体力をつけておきましょうね。

baikin_bar

ノロウイルス

noro01ノロウイルスは、牡蠣やしじみ、あさり、ホタテ等の二枚貝の消化管に潜んでいて、食べた人の腸内で増えます。微量の菌でも感染し、1~2日の潜伏期間を置いて、悪寒、発熱、下痢、嘔吐、腹痛などの症状が出ます。
特に牡蠣は消化管を含めて生で食べることが多いので、発症の可能性が高くなります。症状が出たら、すぐ医師にかかりましょう。

症状が治まっても2~3週間は便の中にウイルスが出ることがあります。二次感染をしないよう、十分な注意が必要です。

noro02下痢の症状があれば、入浴は一番最後にするか、シャワーだけにしたほうがよいでしょう。

食事は油物を避け、野菜スープや味噌汁などの温かい物を薄味にして出しましょう。また、りんごやにんじんには整腸作用があるので、りんごのすりおろしを与えたり、にんじんをおかゆに混ぜたりして調理するのもお勧めです。

baikin_bar

 ロタウイルス

rota01冬から春先に大流行する感染性胃腸炎で、激しい嘔吐、白くて水っぽい下痢などの症状が出ます。水分を取りたがらない、おしっこの量が少ない、または半日以上出ていない、目の周りがくぼんでいるなどの症状が出た場合は、すぐに医師にかかりましょう。


おもちゃの消毒や、おむつ替えの後の手洗いも、感染予防に効果的です。
また、予防のためのワクチンもありますが、接種年齢に制限があるので注意してください。

嘔吐下痢症

嘔吐下痢症(おうとげりしょう)は、突然吐き出したり、激しい下痢を1日に何度も繰り返したりします。特に乳幼児がかかりやすく、脱水症状からひきつけを起こすなど、重症化することがあります。

激しくぐずる、一日中ぐったりと寝ている、唇や口の中が乾いている、おしっこの量が減っているなどの症状が見られたら、すぐ医師にかかりましょう。

タオルやハンカチなどの共有を避け、手洗い・うがいをこまめに行うことが感染予防につながります。

outogeri_bg

** 北斗市内近郊の感染症動向 **

1027日現在の市内近郊の感染症動向です。

  • RSウイルス感染症 7件
  • 咽頭結膜熱     1件
  • 感染性胃腸炎   22件
  • 手足口病     36件
  • 溶連菌性咽頭炎  16件
  • 水痘        3件
  • 伝染性紅斑     5件
  • インフルエンザ  56件
    (※1例B型、他A型)

手足口病は警報状態が継続しております。

10月のめり~利用状況
(10月31日現在)

  • 感冒、感冒様症候群 6件
  • 気管支炎      1件
  • 手足口病      2件
  • 嘔吐        1件

気をつけてお過ごしくださいね

1933total visits,2visits today